ブルガリBVLGARIバーゼル時計宝飾展を振り返って

さん月22日の夜、呉亦凡はブルガリブランドとして世界デビューブルガリ巡茶」の新商品発表会。今回バーゼル表展首位登場の重ポンドスター、彼は装着ブルガリ最も注目を破る、薄型自動機械式時計の世界記録のOcto Finissomo Automatic今回発表会に出席し、薄くてジェーン、指先に8つ紳士風、超人気による満場騒ぎ。
23日ブルガリグローバルメディア朝食会に、白いマントを着て呉亦凡紳士Octo Roma装着新しい時計登場し、国内外のメディアの取材を受け。ブルガリといえば巡茶」の感じとしては、「革新、変わりない喪失の個性、これこそ私とブルガリフィットのところ。」ローマの百年のブランドと東方の新生世代の火花の衝突、演繹して経典もあります。

Tags :
カテゴリー: 著名な時計の紹介

最近の投稿

アーカイブ