腕時計のバンド商達の福音AppleWatch政府は耳を表して販売開始します

自然と比較的高い政府の認証するものがあって、もちろん同じく更に信頼できて、厳格にアップルの設計の準則に従うだけではなくて、材料、機能、耐久性もすべて標準に達しなければなりません。

行為の“Madefor AppleWatch”のプロジェクトの一部分、今日アップルは正式に販売店安富利益会社(Avnet)に権限を授けて第3者Apple Watch腕時計のバンドのメーカー達供給政府に耳を表して、第3者の腕時計のバンドの品質を更に政府の製品で接近させます。

図の中から見ることができて、政府は耳を表して腕時計の主体の片側をつないでいて“Madefor AppleWatch”の字形を印刷してあって、別の片側は腕時計のバンドとつながる金属の輪で、二者はネジ固定のから、実際には政府の腕時計のバンドの設計と等しいです。

外国のメディアの紹介によると、安富利益会社は38mmと42mmの2種類のサイズのApple Watch政府を提供して耳を表して、各自の25個あるいは、200個は1組として販売して、その中の38のmm*25と38mm*200の価格はそれぞれ278.75ドルと1836ドル、42mm*25と42mm*200のためにそれぞれ283.25ドルと1866ドルです。

それ以外にメーカーは恐らくまだ12.65ドルの専用の5本のドライバーを買わなければなりません。ドライバーを含めて、現在すべてのApple Watch政府が耳のスーツを表して予約購入していた後にすべて2時間がようやく出荷することができるのを待たなければなりません。

たとえ第3者の腕時計のバンドですとしても、もし政府を使って耳を表す製造を行って厳格に必ず政府の設計の指針に従わなければならなくて、サイズ、材料、長持ちする度、機能性はすべて政府の標準に合わなければならなくて、当然で、こうなると価格がすぐできないのが低くなって、少なくともあれらの現在の市場のApple Watch非公式な腕時計のバンド安くなりがありません。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ