モロッコの捨夫沙万の旧市街:伝統のの時

近い1つ世紀来、捨夫沙万の住民はずっと青いをの使ってこの小鎮を飾ります。この伝統は陰でどんなストーリを持っているのにも関わらず、それが踏襲して今なお現地の住民ため青いがの美しいだけではなくて感動させると思って、さらに彼らの独特な個性を明らかに示します。世界でこのような単色の美しい景色を持つ2つ目の村落がなくて、その中に身を置くのはまるで横たわって砂漠での中の一面の真っ青の海に横になるのです。

SteveMcCurryの観点:

“私はインドの1つの似ている青い都市と町に訪問したことがあってことがあって、そこは青い城を空あるいは天国にたとえる1つの詩情を高く備えるストーリがあります。いつも夜のとばりが降りて、遠い所から遥かに全城を見て、暖色の照明とブルースの都市と町は鮮明な対比を形成して、夢まぼろしの色に富を極めます。”

Tags :

最近の投稿

アーカイブ