ブランドを話し終わって、今製品を言います

製品はきっとチップと外観だチップの方面、最も【高級な時計級(HauteHorlogerie)のチップ】であるべきな代表性のがあります。気分が良いスポーツの表す代表的作品を笑うのは相手の皇室のゴムの木が好きなのです。このモデルが主要なチップを表すのは配置する1モデルの超薄の自動チップとブランドの安定的な大きいサイズの自動チップです。相手が洳谷間のブランドが好きで、そのチップの仕事の水準はジュネーブ生産区のランクを比べることができて、ただ生産区がジュネーブの印を適用できないのを制限するだけためです。その他にひとつのは気分が良いスポーツの表す代表がパテック・フィリップのオウムガイを笑って、ジュネーブの印を除いて、以上のチップはすべてK金を配備して陀を並べます。《万が世界を表す》数量化はシステムを審査してこれらのチップの仕事に対してわりに高い点数を提供して、その中のK金が陀一つの点数を並べてこのようなチップの得点を明らかにぬきんでさせます。

それからのは気分が良いスポーツの表すチップが採用【もと工場のチップ(manufacturemovement)】と【top級ETAチップ】もありを笑って、でも後者の使用率はだんだん低くなります。現在のところが高級ETAチップのブランドの大多数を使ってすでにもと工場のチップを使いを始めました。

外観から気分が良いスポーツが表しを笑いを判断して、皆造型を添えてしかも【仕事が精致だ】の表す殻が豪華です。スポーツが表すのため、だから材質の上でよく気分が良く札の腕時計の常に使わない鋼を品評するのを笑いを採用して、しかし手製で装飾を強調します。相手の表した皇室のゴムの木が好きなのを例にして、その時計の殻の手作業処理の技術はなんと含んでたくさん売り払って針金をつくります技術。《万が世界を表す》数量化はここにあり【“複合磨き上げる”】ボーナスポイントに対してシステムを審査します。同時に、ハーフバックの【融合の貴金属】などを比較するに対して気分が良いスポーツの表すよくある仕事も高い点数にあげるのを笑います。

気分が良いスポーツが表して一方では機械的な魅力を強調するのを笑って、一方は満足のエリート達のスポーツの需要あるいはある種類の精神をえこひいきして託して、例えば、豪華で古い海上の試合は設計する帆船がカウントダウン、潮汐を競って、純粋で機械的な時間単位の計算とポインター式の速度計などを指示するのを紀念します。気分が良いスポーツの表す全体の形式の造型の体現したのが堅固なことを笑うから、むしろ時計を譲りために更に丈夫で、むしろつける者のスポーツ精神のが精神トーテムをあがめ尊びとに対してを体現します。鋼鉄のこのような黒色の硬い金属をまるで真珠や宝石のアクセサリーの普通な精巧で美しくて富む設計に切削して、磨き上げて思って、その難度は伝統の金を上回って技術に扮します。これもどうして気分が良いスポーツが表すのが多く鋼が、それなのにその高くて比類がない説明を表ですかを笑うです。この方面で比較的際立っているのはジュネーブの流派のブランドで、例えばバセロン・コンスタンチン(VacheronConstantin)が相手が(AudemarsPiguet)を表しが好きだ、伯爵が(Piaget)を表す、ロジャーとヤマナシの相手の(RogerDubuis)など。彼らの代表的作品が別れるのは、全国各地、皇室のゴムの木、に縦横に走りますPolo、EasyDiver。

注意する場所が必要で、気分が良いスポーツの表すスポーツの指したのを笑うのは“びっしょりと汗をかく”のスポーツではありません。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ