セイコーAstron、1969

1969年冬季、東京、セイコー、Astron。第はいっしょに市場の石英の時計の伝奇に向かって、くどくど述べる必要がありません。
スイス人はとっくに石英の時計をつくってきた、しかし意識がもうろうとする中で天意があって、セイコーAstron歴史を変えるのになるその変数を譲ります。セイコーは石英の時計を更に実用的で更に近代的にならせます。そのため、すべての腕時計のブランドはすべて技術革新の重要性に意識しました。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ