スタートするオンライン:BRMはと運転手Pierre-Louis Loubetを競います

仏国籍は運転手Pierre-LouisLoubetを競って、またみんなに“Pilouis”と称させられて、年はまだ18歳、しかしすでにレース界で大きい手の拳術をしっかりと行いました。彼年はまだ4歳の時、レーシングカートに足を踏み入れて運転を始めます。競技用の自転車のが芽生えを心から愛するのに対して幼い頃、彼2009年にSoucy催しBridgestoneCup上でチャンピオンを獲得するため。これでの後で、彼はラリーに挑戦するのを始めて、努力して学んで208運転して、R2,C2,R2MaxとDS3、同時に運転免許証のその日の到来を獲得するのを待ちます。
BRMはとても光栄にこちらの潜在力が十分にある競う運転手を支持することができて、彼の目標はとても明確で、それはつまり世界の引っ張り強さのチャンピオンシップのジュニアのチャンピオンを勝ち取ります。

慈善の激励下で、BRM飛躍的に千里
2015年、7月4日~9日の催すParis―Modena
(パリ―こするドイツが刺し縫いする)一つが人を挑戦したのに参与してイベントに乗りに抵抗することができないので、それはスポーツの人々を心から愛して集まっていっしょに着くでしょう。文字通りで、Paris―Modenaイベントはイタリアのこするドイツの刺し縫いする2つの都市の距離まで(に)パリをまたがり越えます。スポーツのイベントではないが、しかしこのイベントの目的はすべての参加者にいっしょに行に乗って終点に着くように激励します!おのおのの挑戦試合を除いて、1㎞ごとにすべてReves(夢)の機関の慈善の資金が設置されていて工夫し集めます。BRM Chronographesはとても光栄に自分の色を人心を奮い立たせるべきな挑戦の旅の中に溶け込んで、2014年に相応がことがあるマセラティの呼びかけ、イベントに参与します。当然で、Paris―Modenaも私達の同じく逃すことはでき(ありえ)ないイベントです。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ