独表したのが格を強いるのはどう精錬したのです

“ドイツの私に恐れ、ドイツと感じさせる人はすべてを……絶対的なのをつくるのが完璧です。私達はドイツを上回りましたか?ちょうど相反して、私達は立ち後れました。”必ずこの話に対して非常によく知っている人がいるのを信じて、これは1896年“ドイツ製”の製品の恐れに関してイギリスのローズベリー伯爵です。今日に、私達はドイツ製の製品の感銘について必ずこうじゃなくて、これが主にドイツの製品が今日の業績がある前にため冬眠して修行を積んだとても長いです。

《孟子》は中“日がこの人で大任に下がるでしょうと言って、必ず先に苦いその志、その筋骨に働いて、空腹なその体の肌、困窮しているそのからだ、行は乱れているそのしたことにふいて、だから心を動かして性を我慢して、益はそれは”ができないのでことがあって、ポジティブエネルギーはやはり(それとも)設置して強いてもよくてもよくて、どのみちこの話はたくさん苦しい立場の中の中国人を激励しました。この話をドイツに使って製造の中で表して、私はまた適切に越えないのだと感じます。

やはり(それとも)先にドイツ製の大きい局面が言ってから要して、2つの世紀の前に、ドイツは今の中国とと同じに、1つの高倣国家で、つまり、彼らの“山中のとりで”の製品はとても多いです。このような製品の普通な価格がわりに低くて、そのように1つの発達していない社会で、みんなが“密輸入商品”の概念明らかにについて今日と異なって、安いはの王道です。しかしこのような方法はイギリスを犯して、私達はイギリスが産業革命の先駆者を知っていて、産業革命の後で持ってくる新製品はとても多いです。ドイツはイギリスの製品をまねて必ず程度の上でその利益を損なって、だからイギリスは心の中のごうごうと燃え盛る怒りを抑えられないで、急にドイツに合意に署名したように強制します。間違いなくて、1887年8月23日で、イギリスは通す商標法の条項を協議して、すべてのドイツから輸入した製品がすべて“MadeinGermany”を明記しなければならないをの定めて、だから品質の悪いドイツの国産品と優良品質のイギリスの製品を区分します。

ドイツは1つの民族の自尊心のとても強い国家で、このような侮辱を受けていた後に国民全体は再考を行いました。それ以後、彼らは製品の品質に集中して、彼らの民族の中の苛酷な式を極致まで(に)発揮するのにも求めます。だんだん、ドイツ製の世界での言い伝えはだんだん良くなって、“Made in Germany”は高い品質のシンボルになった。

今日の腕時計のブランドの大多数はスイスの産したのが有名だで、しかしいくつ(か)のドイツの商標に試練に耐えられるようにもあります。ここに話が及んでやはり(それとも)先に格拉蘇蒂を紹介して、それはドイツの1つの小鎮で、しかしドイツの表す大きいブランドはほとんど全部集中的にここにあって、ランゲ、格拉蘇蒂、モーラなどを含みます。格拉蘇蒂の時計の制造業は1845年までさかのぼることができて、機械は起源を表して現地の銀の鉱業が落ちぶれているのとと関係があります。道徳の腕時計のバンドのみんなにあげる印象がどのようかが分からないで、どのみち私は見たところ彼がたくさん苦しみ経歴になった後でやっと精錬する本当の金。世界大戦、経済が不景気で、東西ドイツは分裂します……これらの人類の歴史の上の災難も同様にドイツの表を作成する業に波及します。良くての、毎回打撃を与えていた後に、独がすべて強靱なのを表すのは生き返りました。

時計界にとって、落ち込むのがひどいのはの前世紀の70、80年代現れる石英の危機です。スイスのこのような表を作成する大国さえ突然やってこられた変革は震え上がらせて住んで、ドイツがまして表すのなのはなおさらですか?でも、幸いにドイツ人が比較的薄くて決めて、依然として自分の機械の時計をするのを堅持して、その上ドイツは表していくつか革新の出現がまだあって、たとえばガチョウの首式は微調整して設置します。クラシックアイデアの同じく転覆することはできないもの、独が傾けるのを表すのは固執してしっかりと守りとドイツ人ので、ドイツの国民精神がある中にあります。ドイツを作って独特な風格のを表して集中するドイツ人の野蛮な式が、野蛮な式は聞いたところ多分少し度を過ぎて、これはドイツ人が生気がなくて融通をきかすことはでき(ありえ)ないと言うのではなくて、ドイツ人のが堅持するのを強調するのです。製品にとって、ドイツ人の厳格な品質がきびしく検査するのはいかなる国家がすべて企及しにくいのです。

精神を除いて、独は表して風格がまだあって、地味に言いふらしません。独が設計の普通を表すのは比較的簡単で、大げさではなくて、派手なのとも掛けてひっかかりません。NOMOSはこのような感じた傑出した代表で、“少なくすぐ多いだ”の包むハウス設計の風格はNOMOSが私の最も好きな腕時計のブランドになりを譲ります。でも惜しくての、時計の業界にとって、独が表しても同様にスイスの蚕食する痕跡に多すぎるのがあって、瑞宝は2012年に主が変わって、本部はドイツのからスイスへ移って、ランゲも2000年に瑞士暦峰グループ所属になります。唯一喜びに値するのがドイツが風格を表して依然として保存するので、日耳曼民族の実務に励みと厳格な精神はまるであります。正に強烈な民族の尊厳で、打っても死なないのが精神をしっかりと守るのが野蛮な式と集中してドイツの表したのを作った光り輝きます。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ