海瑞とウィンストンは何もの宝石のためにまた切断します

西方の真珠や宝石の芸術のはインドに入って来て、東方と西方の文化交流を譲るだけではなくて、1歩進んで真珠や宝石設計の風格に影響して、男性が真珠や宝石をつける以外インドをも譲って、女性もだんだん小型の真珠や宝石の作品をつけるのを始めます。自分の収集した真珠や宝石で西方の宝石商設計の作る気風を頼むのも非常に流行っていて、その中のHarryWinston海瑞とウィンストンはインド市場の重要な真珠や宝石の供給商で、カードプール塔拉土国の高爵の貴族たちの賈力特吉特・シンガーはおよびドール(MaharajaYeshwant)の高爵の貴族たちの勘弁・ホールを印刷して2世(HaoHolkarII)を押さえて、すべて海瑞とウィンストンの重要な取引先です。

たとえばドールの高爵の貴族たちの勘弁・ホールを印刷して2世押さえて海瑞とウィンストン設計の1枚の青いドリルの指輪を頼んでことがあって、便は勘弁・ホールで2世の偏愛する現代主義設計を押さえるので、そしてエジプトのカーター・穆謝西烏斯(EckartMuthesius)1930年に代わって高爵の貴族たちの設計する馬ニック花園(ManikBagh)を霊感の出所にして、そしてその時でインドでまた(まだ)ちょうど騒動のプラチナの金の材質が作って台をやめるのになります。この指輪が別の1枚の勘弁・ホールと2世第3のために妻とその生んだ女性のEuphemia・クレーン(EuphemiaCrane)を担当して設計の指輪を頼んだのを押さえるのは同一の時期に象眼するので、2件の作品の使った青はあけて全て海瑞とウィンストンのために供給して、海瑞とウィンストンが稀有なダイヤモンドの目と技と力を買い付けるのが並外れていて、印ドール皇室ののたくさんの伝奇の真珠や宝石は全てその供給のダイヤモンドから、例えばドールのナシ型を印刷して(IndorePears)、バート・羅徳のダイヤモンド(PorterRhodes)をあけて全て海瑞とウィンストンの自筆で出ます。

1946年にの印のドールのドリルを作って、もとは2粒のインドのゴアからの康達各が46.95カラットと46.70カラットの水滴型カットのダイヤモンドなるで、後海瑞・ウィンストン先生から改めて切断してまた売り出します。

もと石は153.5カラットの白いダイヤモンドのバート・羅徳のダイヤモンドに達して、海瑞・ウィンストン先生が切断した後に售予霍カール王朝の統治者がことがあるからドールを印刷します。

世界で有名な青に話が及んでカタールの尼阿勒薩尼の収集中で〝神仏像の目(TheIdol’sEye)〞をあけて、これは世界で最大のライトブルーのダイヤモンドで、伝説の中でヒンドゥー教の1人の神霊の目の取り出すダイヤモンドから、そのため名声を得ます。ダイヤモンドはサンスクリットの中で〝金剛〞(字面の上で説明が〝雷と稲光〞のためことができる)と称させられて、インドの伝統の意味の上でそのかたい催促してはいけない特性のため、常に男の宝石に属するのだと思われて、財産を顕彰するのにも用います。1949年の頃の海瑞とウィンストン先生1度ことがありここまでで1の伝奇的なライトブルーのダイヤモンド、だから考えてみると分かる勘弁・ホールが2世海瑞とウィンストンの場所から青いダイヤモンドを得て指輪を埋め込みすることができるのを押さえるのも当然であるで、更にインド皇室が真珠や宝石と宝石の鑑賞力に対して並外れているのを見抜きます。インドの風格とインド皇室の真珠や宝石に関して言うことができるたくさんで面白い事がもあって、今日ここを書きました。

海瑞・ウィンストン先生は1946年に70.20カラットの神仏像の目(The Idol’seye)を改めて切断して楕円形になります。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ