モダンな黒色は質感のチタン金属によく合って、優雅で力強く兼備します

腕時計設計中で、黒色がよくそれによって突然ハーフバックを現すのがと高尚・上品で、個性的な選択を明らかに示すのもです。それは伝統がまた流行していてあるいはあるいは、は地味で華麗にクール力が、しかもずっとしきたりでないがの十分です。今のところ、Moser Perpetualの一貫した姿勢で臨む精密なチップと独創性設計、万年暦の黒色の特別な腕時計のはなやかな見得の2014年のバーゼルの時計展を搭載しました。

黒色の時計の文字盤はバラの金の時に標識とポインターで縫って、更に突然腕時計の長い間がたつますます新しい風格を現して、可読性をも強めました。えこひいきする秒の皿は思いきりけちのつけようがない金の質感を明らかに示して、1秒の機能を止めて時間を指示します。声がかれてつやがある黒色のベニヤ単板のチップは深い黒色のを設けて捕らえて板橋を跳躍して、内弱い光かすかにのからエスケープをさせます。このような黒色のハーフバックの風格はまた(まだ)声がかれてつやがある装飾する炭素上塗りワニの皮バンドまで(に)延びて、質感と心地良い触感に富を極めます。

万年暦の黒色の特別な腕時計のきらめく光沢のある程度の上でもチタン金属の材質の使用のおかげです。ヘンリーが慕う時万年暦はを表して過去ずっとプラチナを採用して、バラの金とプラチナの金の材質、しかし表を作成する師達もずっと努力してその他のハイテクの材質を訪れて、更に実用的な材質が見つかってそして腕時計の全く簡潔な設計の風格と持ちつ持たれつで更によくなることができるのを望みます。最終、材質がかたい、つけやすい、アレルギーがありをしかも重さのきわめて軽いチタン金属招くことはでき(ありえ)ない、その非凡な機械の属性が全く新しい黒色の特別な殻を表す材質になるためです。この腕時計の表す殻が針式に挿し込みとボタンを表すのは皆DLC処理を経るチタン金属の材質で、甚だしきに至っては時計の冠の上で抑圧のがMoserの字母の“M”の今回に出るのさえ金属の腐食銅版のからなります。ほとんど完璧に傷がない修飾を経て、また神秘的で流行する黒色を結び付けて、この外観と完璧な表面を重視する新作の万年暦の腕時計をモダンな都市は、いつまでも流行遅れでなくさせます。

万年暦のシリーズのチップのクラシックと独創に続いて、Endeavor Perpetual Calendar Black Edition腕時計の声がかれてつやがある黒色のベニヤ単板のチップは深い黒色のを設けて跳躍し板橋を捕らえて、内弱い光かすかにのからエスケープをさせます

Tags :

最近の投稿

アーカイブ