金は表していつまでも色褪せありませんか?

もしも殻の材質を表すのが中着く外からすべて一致してで、色褪せることはでき(ありえ)ないです。たとえばトップクラスのブランドの18K黄金、18Kプラチナ、18Kバラの金など、色が異なって、ログインのその他の元素の割合が異なるためで、しかし全体分布は平均しているです。

あなたはこのように理解のことができます:殻を表してどのように摩耗するに関わらず、それとも中の材質は外とと同じに、だから現れる色が同じで、すぐ色褪せません。

しかしもしも金張り、金めっきのなど技術処理の腕時計で、必ず色褪せます。金張りと金めっきの実はたいして違わない意味、以前に非金の材質の表す殻の外が一層の薄い金を被せるのを指して、ただ双方の違いは厚さが異なります。

金張りは少し厚くて、だから比較的少し摩擦に強くて、時間が比較的長くてやっと色褪せます。前世紀のたくさんの金張りがモデルを表してすべて非常に誠意があって、金の純度が十分で、厚さは40、80が甚だしきに至っては百ミクロンのに行きがいます。しかしゴールド価格は上昇して、市場競争はまた激烈で、だからブランドはすればするほど薄くなって、正常に5年ほとんど“山の露を現す”をつけました。

金めっきの技術が金を使うのは更に少なくて、普通は10ミクロン以内にあって、更に摩擦に強くないのを意味して、価格が自然で金張りに比べて表すのが安いです。

それに“電気めっき”のこの語、金の元素の成分の割合は恐らく1枚の指輪がプールに投げ込むのに相当して、甚だしきに至ってはありません。

だから専門のあるいは成約を促すためにうそをつく買物案内でないに出会って、彼らは金張り、金めっきを指していて表して誓いが誠実で信用できてあなたと言います:この時計はいつまでも色褪せありません。

だまされないでください。

でもあなたの心の中は譜があるなくてはならなくて、数(何)千つ、万はグロックに来て貴金属を買って殻を表して、結局現実的ではない。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ