米度のブルーム刺し縫いするシリーズM024.407.16.033.00の機械的な男性は表します

皇室のアルバートのミュージック・ホールは1871年に使用し始めるのを始めて、最初計画は建築して芸術の科学ホールになって、今のところはすでに現在のところのイギリスの最も有名なミュージック・ホールの中の一つでした。ビクトリアは時代風格は独特な外観を建てるのに与えて、この雄壮偉大な赤いれんがの建物は同心円とガラスの屋根構のからなって、屋根は円形の構造の上で高く隆起します。米度のブルーム刺し縫いするシリーズはこの雄壮偉大で雄壮で美しい建物の類を霊感にして溯って、完璧で調和がとれているデザインを手首の間に平方寸に溶け込んで、紳士のために恒久で高尚・上品な風格を製造します。

銀白色の時計の文字盤の上で精致なジュネーブの筋模様を彫り刻んでいて、上品なローマ数字の目盛りと照り映えて、5格のカレンダーは更に独特な魅力を配りを表示します。時計の文字盤のサイズの40mm、背を表して実情を伝えて、チップはCALIBER80.611チップを採用して、学問があり上品で気前が良いです。

レディースとメンズ設計の違いが大きくなくて、33mmのサイズは全く東方の女性のに合って標準をつけます。メンズに1時(点)の違いがまだあって、3格のカレンダーは少しも見えないでけちなことを表示して、かえって女性に更に落ち着いていて気高い息を与えます。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ