バセロン・コンスタンチン:操作は簡単で、安全で使いやすいです

大きく鳴く時からそれのきわめて複雑な機関ため百個以上部品の精密な組み立て成のから計算しますなぜ独特なのか。そのためつける者が使用の時一定知識を掌握してかつまた(まだ)要する厳格できめ細かいのが必要なだけではありません。この高級の複雑な機能を更に簡明で使いやすくなるため、バセロン・コンスタンチンは多くの項目のオリジナルの安全システムを研究開発しました。それらは同時に計算する機能の正常な運営でないを保証することができて、同時にそれが受取るのを免除して人為的にミスの影響を操作するのを確保します。時間を設ける時、時間を知らせるのを行って鳴り響くことができません(自動的に時間を知らせてやはり(それとも)必要に応じて時間を知らせるのだであろうと)。同じ道理、過程で時間を知らせています――3がやはり(それとも)“自動的に”が時間を知らせるのを聞くのだであろうと――時間を知らせ終わる前に時間設置はすべてロックステータスがあられます。時間を知らせる機能が行う時、その他の時間を知らせる機能は開くことはでき(ありえ)ないです。そのため、もし時間を知らせていて過程でモデルを切り替える、時間を知らせるモデルのロックアウト装置が時間を知らせ終わったのを確保した後にまたモデルを切り替えます。最後、もしもぜんまいの動力は不足して、支持する時計算することができなくて正常に行って完全に鳴り響いて、時間を知らせる機関は起動することはでき(ありえ)なくて、自動的に時間を知らせてやはり(それとも)必要に応じて時間を知らせるのだであろうと。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ