水晶の時計の殻は光線を同時に置き時計

光線の舞台

眼光がチップからのける時に、すぐさま優雅で精致で、すっかり理解して明るくてきれいな置き時計の外側に引きつけられました。マルク・ボタンの森は水晶の美感と独特なベニヤ単板が好きで、そのため彼は水晶のフィレットの立方体を形作る時計の殻を選びました。水晶の厚さをのは最も薄くて、大量のを行って試験、この置き時計の時計の殻の一部の場所のただ厚いだけの13ミリメートルを研究しなければなりませんと。ただBaccaratこのような尖端水晶メーカーに似ていてやっとこのような技術を備えます。

水晶の時計の殻は光線を同時に置き時計のを横切らせて、巧みな屈折の効果を作って、心や目を楽しませる視覚を演繹していて宴会を供応します。水晶は比較的難しいグラインダ仕上げの平らな材質で、しかしこの置き時計はきめ細かい外観―精致なボール型のアウトラインを持って、および重々しく、まるで光線の充電器を積載していて、全部Baccarat技術の大家の精密なワシを通って細くて磨いて、なめらかで調和がとれている印象と感想を作ります。

置き時計の底部は比較的厚くて、しっかりと平面の上で放置することができて、イベントのガラスをも支えることができて、必要に応じて自由に解体してそれによって学校のチップを加減することができます。置き時計まるで1隻の瓶の中で船、並外れていて見事です。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ