ブルガリの美学と技術の結合

ブルガリが表を作成して精妙で並み外れている複雑なアイデアは取って代わって越えることができないので、腕時計ごとに華麗なうわべを持つだけではなくて、更に技術の彫刻と技巧の革新を重視します。今の時計まさに作ってとっくに時間を記録する範疇を越えたようで、もっと多い設計と機能はすべて腕時計の設計中で付け加えられて、有限な空間の内で絶えず改善することをやり遂げて、本当に容易な事がではありません。腕時計の多い機能の中で、最も人に賛嘆させたのは陀はずみ車に勝るものはないで、ブルガリはこの複雑な機能と美学の芸術を完璧にいっしょに解け合うことができます。

ブルガリは今年に2016バーゼルの高級な時計の展覧期間間は1モデルの融合の高級の腕時計の技術と人を魅惑する真珠や宝石設計の全く新しいLVCEA腕時計を出しました。腕時計は芸術花園をテーマにして、時計の文字盤は天国の鳥の画面で扮して、異国の風情に富を極めて、同時にブルガリの色の濃い特徴に現れ出て、小屋を表しておよび、殻の上で皆派手なダイヤモンドを採用して象眼を表します。

時計の文字盤の上で澄んでいる純の空の背景は青い真珠の雌の貝から象眼してなって、ひらりと飛んだことがある天国の鳥と生花と緑の葉の図案は更に時計の文字盤盛んな活気を満たします。例えば詩の絵のような光景は精密な手作業の製造したのが小さいのを通して技術、明るい式を描いてダイヤモンドの時計の小屋と時計の耳の上でと同じ真珠や宝石を切断して現れて、臻まで(に)米に着いて、生き生きとします。

この腕時計の内部はすべて陀はずみ車のチップBVL263を搭載して、それは精密で複雑にブルガリが一年中スイスの高級の表を作成する技術を集中するおかげです。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ