Chaumet真珠や宝石の腕時計

フランスの宝石商Chaumetは1780年に創立して、それはナポレオンとジョセフィーヌのためにあまりに多く真珠や宝石を注文して作らせのでことがあります。同時にそれも真珠や宝石の腕時計商で、女皇のジョセフィーヌの息子の嫁のつけたのは1811年にブランド出す第1モデルの腕時計です。

最近出す新しいシリーズは“Les Pierres de Revede”といって、12モデル全部で、時計の文字盤は碧玉、トラの瞳の石、オパール、瑪瑙などの12種類の天然の宝石を採用して作ってなって、1枚の腕時計の時計の文字盤は皆異なりがあって、すべてただ1つだです。

このシリーズの腕時計は皆プラチナあるいはバラの金を採用して殻を表して、サイズは35ミリメートルで、小屋を表して象眼する76粒のダイヤモンドがあって、搭載するのスイスの自動チップで、配有ブルゴーニュワニの皮バンド、80粒のダイヤモンドの表すボタンを象眼します。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ