全く新しいIWCポルトガル係のリストの中手本IWCのポルトガルのシリーズの誕生75周年

2015年は歴史は悠久なIWCポルトガルのシリーズの誕生75周年です。最新のIWCポルトガルのシリーズは技術とデザインの上で改善して、そして全く新しい機能、このポルトガルでの年の光り輝く見得を配備します。同時に、IWCはまた(まだ)更にその自制のチップの研究開発と生産能力に深くなって、そして未来の数年以内に三大全く新しいIWCにチップのシリーズを自製するように出しを計画します。新しく研究開発する52000型がチップのシリーズを自製して真っ先にこのため戦略が引き離して序幕、そしてすでに4モデルのIWCポルトガルのシリーズの全く新しい腕時計の中で応用しました。新しく開発するカレンダーは初めて頭角(才能)を現して、大型の数字は期日万年暦のこの複雑な機能も初めてIWCポルトガルでシリーズの中で現れるのを表示します。

“2015年はIWCポルトガルのシリーズの誕生75周年で、IWCは厳かにこれがすばらしい風格の腕時計のシリーズの重要な紀念の周年がありを祝います。”IWCの最高経営責任者の喬祺斯(GeorgesKern)の先生は道を説いて、“IWCポルトガルのシリーズは私達の歴史の最も悠久で最も人気な腕時計のシリーズの中の一つなだけではなくて、ブランドの最も富む高い名声の時計のモデルです。”20世紀の30年代に、その簡潔に洗練されているクラシック設計はすでに時代に大きくリードしました。このシリーズの搭載したのはフォームのチップを抱いて精密で正確な度の上で手本を称することができて、そして表を作成する業界は大きいサイズの腕時計の騒動を確立していました。これらの特徴がIWCポルトガルのシリーズ正に全世界に名をとどろかすで、人の1つの便に知っていさせます。“数年来、IWCポルトガルのシリーズの多い先進複雑な機能は精密なチップとずっとブランドの巧みで完璧な表を作成する技巧のシンボルです。”喬祺斯は、“IWCポルトガルのシリーズのようにいかなるその他のシリーズ1か所に集まるこんなに多い高級の表を作成する技術の大成がありませんと表します、”

新しく研究開発するIWCの52000型がチップのシリーズを自製して2015年に“IWCポルトガルのシリーズの年”が才能がすべて現れて、本年度の核心部分になって、そしてすでに4モデルのIWCポルトガルのシリーズの全く新しい腕時計の中で応用しました。それ以外に、未来の数年の内に、IWCは集中する力はもっと多い自制のチップを研究開発するでしょう、もし自主的にして69000型と42000型の2を生産して大きくて新しくチップのシリーズを自製するのを研究開発するでしょう。喬祺斯はブランドの今回が自制のチップの製品の範囲のふるまいを豊かにするのに対して総括して言います:“新しく研究開発するチップはあるチップの製品のシリーズを改善しただけではなくて、その上技術と美学の上で業界の新しい模範を設立しました。この事は高級な表を作成する領域の全世界のトップの地位にブランドの発展更にしっかりしているIWCを促進するのそしてを。”

Tags :

最近の投稿

アーカイブ