盲人用時計がタッチを通じて(通って)経験して時間が流れ去ります

“時間がもともと見るのに行きを求めるべきでないをの知る”。この腕時計はスイスの石英のチップと純粋なチタン金属の表面を採用して製造してなって、こんなに高くて大きい上の腕時計は実際には設計した視覚の障害の人の群れがあるため。だから設計上で伝統の腕時計とと違い、私達は2粒をスチール・ボールに転がって常用するポインターに取って代わって時間を表示しに来ます。表面の1粒のスチール・ボールは分を表示して、側のもう一つの粒を表して時間を表示して、このようなユーザーはスチール・ボールの位置に触れるを通じて(通って)時間を知っているの。もし過程で触れていて、スチール・ボールはたぎって元の位置を離れて、心配する必要はなくて、そっとあなたの腕に揺れ動くのでさえすれ(あれ)ば、もとの所に運転して帰ってから彼らを譲ることができます。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ