ティソの昔を懐かしむクラシックのシリーズの1936復刻版の腕時計

これがもう1度腕時計を刻むのが1936年に出す1モデルのすばらしいシリーズのが改めて演繹するのに対してティソです。その設計の霊感は20世紀30年代の腕時計の革命までさかのぼることができて、あの時腕時計はだんだん懐中時計に取って代わっていて主導の市場を始めて、この全く新しい製品はこのようなに向って正にリードして試みたの敬意を表するです。ひどく痛ましくて前例のない第1次世界大戦のの後で、男性は実用性が考慮するのから、懐中時計を諦めるのを始めて、転じて腕時計をつけます。表を作成する師は最初は懐中時計の表す殻の両側でアーチ型のマジックテープを溶接するのを試みて、背面から腕時計のバンドを入れるのに用いて、1モデル製造しに来て計略の上の腕時計でつけることができます。ティソの昔を懐かしむクラシックのシリーズの1936復刻版の腕時計は正にこのような製作の方法を採用するでした。

茶褐色の本革の腕時計のバンドは精致な乳白色を採用して縫って原状に復するその最初の顔縫って、この技術は同時に腕時計のバンドを補強する効果を果たすことができました。腕時計のバンドを取り除いた後に、表した後にふたは開けられることができて、背を表しても個性化の文字と装飾を彫り刻むに使えます。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ