パテック・フィリップは3引率して腕時計の発展を聞きます

3は表してふだんすでに貴重に会いとを聞いて、もしも一回の集合の多いブランドのを要して時計に更に(多い)運が必要なのを聞いて、今回私達が探してきてPP、APJLCとなど製で3行って腕時計の上で業界の模範的な時計工場を称することができるのを聞きを含んで、また専門の時計の論説家の曾士xin先生(Roger)を招請して私達のためにその中の一部のデザインに対して評論を分析するのを行って、みんなに更に優良品質の3を理解してどうして表す魅力を聞かせます。

パテック・フィリップは壇の上で比較的もっと前に3が腕時計のブランド、にその中のRef.を聞きを出しを表すのです3939私は称することができるのがクラシック1世代だと思って、それは1989年その時PP150週の年の時初めて出して、その時機械が表して先ほど石英のあらしのブライトリングコピー影響の中から次第に立ち上がったのを知っていて、だから3を機能に腕時計上その時にあるでの表す壇をするのをたいへん迫力がある聞いて、今回の話すこのRef.3939は2世代のデザインに属して、第1世代の最大の違いと自然なののはチップがR27PSからアップグレードして陀はずみ車装置のRTO27PSチップに参加するので、集合のため多種の複の様々な機能のは表して2000年後にまで(に)やっと次第に更に研究開発を投じる多重リストの工場がありを聞いて、そのため1990年代PPで3発表して陀はずみ車のこのような組合せを加えるのがまたもう一つのCLAS(2,3)の新しい例を開始する先駆者の中の一つ、Ref.だがを聞きます3939は以前はすでに生産を停止して、しかしRTO27PSチップはやはり(それとも)いっしょにの5339および現役の5539などの作品の上で勤務を引き継ぐまで(に)そのまま用いて、55392016年にもまた(まだ)白Kの青い面にモデルを直すように出しに似ていて、それが書きに従って時代絶えず進化しているのを見抜くことができます。

優雅な内に集める33mmは小道を表して、白色のエナメル面とブレゲの字をつける時標識はポインターとなど更に優雅な風格を増やして、その上これはまた腕時計の歴史の上で陀はずみ車の3を搭載して先駆者の中の一つ、Ref.を表しを聞くのです3939は至る所にすばらしい傑作の風格が現れます。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ