ジャークの独ルーマニアのレモンの緑の玉髄の35ミリメートルの頃の小針皿

君主の貴族の子弟の愛顧の宝石を受けます

レモンの緑の玉髄はニッケルの石の髄を含むので、ほとんど気づくことができないかすかな結晶から構成します。その固有特性のため、このような鉱石は理想的な彫刻の原材料ことができますとして、そのため最も支持させられた石の髄の品種の中の一つになります。古人がとっくにそれで浮き彫りの玉を作ってあるいはへこみを行って彫ります。このような緑色と金色の光沢の宝石を配ってたくさんの君主の貴族の子弟の愛顧を深く受けられます。ふくらはぎの特に激しくて大きい帝(Frédéric le Grand)、イギリスのアニー女王からビクトリアの時代になって、このような鉱石は高めて華麗な建物を飾るに常用して、宮を憂えるのがないをの含みます。

ジャークの独ルーマニアがこれを皇室の好きな宝石に受けて35ミリメートルの頃の小針皿の時計の文字盤を製造して、宝石の元からあっておっとりして美しい筋模様を保留して、そしてジャークの独ルーマニアの独特な芸術の理念に従って、レモンの緑の玉髄に35ミリメートルの頃に小針皿の腕時計が一般のものとは異なったのを開放しだすのが華やかにならせます。http://www.jpsupergreat7.com/jp2018news.html

Tags :

最近の投稿

アーカイブ