織りなします華麗だと技術:Cartierはパンサーの腕時計に注目します

1モデルの腕時計は人の最も直観的な印象によく殻の造型、時計の文字盤の色と腕時計のバンドの材質を表して、一部のブランドは独特なのを使って合って増加の特色を積み重ねて、Cariterのパンサーは最もみごとな手本の中の一つです。1914年、Louis Cartierは画家Georges Barbierに招待状の上で絵を描くように頼んで、テーマは「ヒョウの同業の女と」(Dame a la Panthere)で、パンサーのとけない縁をも開きましたと。その年パンサーは初めてCartier腕時計の上でで現れて、店で技法を埋め込みして狂って野生の豹柄に現れ出ます。1930年代まで着いて、Cartierは総監督のジーンを創作します.ツーソン(Jeanne Toussaint)のレディースはパンサーを真珠や宝石の上でで一層光彩を放って、真に迫る姿、同じくたくさんのスターと高い婦の有名な令嬢をその後その魅力を食い止められなくさせます。毎年のパンサーの腕時計はすべて人に期待させて、今年も例外でありません。それらは真珠や宝石のダイヤモンドを結び付けて、異なる技術を結び付けて、カルティエの芸術の大家の労働者の坊(Métiers d’Art)のアイデアを通して、それらを一件一件の感嘆させられる作品に変化します。

18Kバラの金のラインストーンは殻を表して、小道の37ミリメートルを表して、時、分けるの、ラッカーの時計の文字盤、黄金のボール、430MC型は手動で行ってチップを精錬して、サファイアのクリスタルガラスのブルガリコピー鏡映面、30メートル水を防いで、ワニの皮バンド、それぞれ100匹制限します。

謎達を表して砂を見たことがあって抜かすかどうか?それを回す時の中の流砂は時間移動に従って、計算時間に用いることができるを除いて、芸術を表現しているようですも。今のところ、画面はCartierのRévélation D’Une Panthèreパンサーの腕時計の中でで現れます。時計の文字盤の内で900粒の金珠を全部で、透明な液体によく合って、腕時計を回す時、金珠は「移動」方法でゆっくりとステルスの軌道を通して金色のパンサーの頭型を現して、まるで1度の視覚の魔法を行って、黒くて、赤いあるいは緑色のラッカーの時計の文字盤で下へ引き立ってまばゆくてまばゆいのに見えます。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ