ジャガー・ルクルトは地球物理天文台のシリーズ陀はずみ車のグリニッジ標準時の制限する腕時計を出します

今年のジュネーブの国際高級時計サロン(SIHH)の上で、ジャガー・ルクルトは全新地球物理天文台のシリーズ陀はずみ車のグリニッジ標準時の腕時計を出すでしょう、制限して100発行します。2015年9月、ジャガー・ルクルトは地球物理天文台のシリーズのグリニッジ標準時の腕時計を発表します。今のところブランドは更に1歩進めて、グリニッジ標準時が飛行する陀はずみ車の機能の初めてと解け合いを実現します。

時計の文字盤は24時間の外側のコースと世界の都市の内レースを配備します。すべてのグリニッジ標準時の腕時計とと同じに、小さく常に合わせて都市に対応するのを表示するのでさえすれ(あれ)ばでしょう、世界各地の時間を読み取ることができて、簡単に便利です。飛行する陀はずみ車の枠は時計の文字盤の右下で架設して、少し世界の都市の内レースを切って入れます。

この腕時計はジャガー・ルクルトCaliber948チップを搭載して、このチップは375の部品から組み立ててなって、宝石軸受の42粒を含んで、22Kバラの金を配備して自動的に陀を並べて、そして48時間の動力備蓄物を提供することができます。更に重要なのは、Caliber948チップ使用するGyrolabですか車輪を並べます。Gyrolab車輪を並べてつぶす時8年の研究開発はなって、地球物理天文台のシリーズのパネライコピー腕時計でわずかに用います。標準的な円形と車輪を並べるのは、“非円形”の構造Gyrolabを比較しますか並べて表面積と空気摩擦に順番に当たる更に小さくて、効率がもっと高いです。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ