SIHH時計展は本当によくできていますか?

2009年から、峰所属の贅沢な時計の真珠や宝石のブランドを経過してはじめとする毎年3月のバーゼルの時計展を離れたのを始めて、ジュネーブでもっと高級なジュネーブの高級な時計の国際サロン(SIHH)を催します。あの時から、全世界のメディア、販売店と小売商はすべて毎年2回スイスへ行きます。

SIHHの出現、スイスの時計業の無限な自信が現れました。戸口に自立する目的は市場を区分して占拠するのです。その上、小売商はすべて宴会に出席することが好きで、大量に商品を注文します。今年の展開の前で、峰所属のバセロン・コンスタンチンを経過して大規模な人員削減事件が発生して、その上裁つ大部分はすべてずっとブランドの最も重要な資源の専門だと見なして職人を表すのです。経済の低迷する状況の下で、その他のブランドも2009年が最も厳しい局面に来に直面します。

それでは今日SIHHは市場の1つのどんな情報にあげますか?まず、商業の上の衝撃は避けられないで、全世界の時計の小売りする萎縮が全線ため、特にハイエンド製品にあって、小売商はそのため2つの時計展の必要に出席するのがいるかどうかを考慮するのができます。

中・低価格製品は更に市場の需要を近づけて、Swatchのはじめとするバーゼルで展を表して千個以上時計工場を集中して、大衆の製品を比較してそこですばらしいものが数多くあって、そのため、時計商達また(まだ)本当に必要がある過ぎ去った歳月のNevaですか?当然で、生産量も減らしていて、全世界の市場は一定需要もあって、SIHH展示に参加するブランド達は彼らの全世界の各地の自営店もあって、一定顧客源の供給と販売高を保証することができて、だから商売はやはり(それとも)調節することができることができます。しかし私は主要なのがブランド達の今年力のパネライコピーおす製品を観察するか見て一体どんなの価格ラインだと感じます。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ