タイ格HOYAHeuer 01時間単位の計算のチップ

最初にタイ格HOYAはセイコーの時間単位の計算のチップの技術の上で1887時間単位の計算のチップを発展しだします。後タイ格HOYAのを通って更に改良をアップグレードして、2009年、タイ格HOYAはHeuer01の自動時間単位の計算のチップを出します。タイ格HOYAの01時間単位の計算のウブロコピーチップは柱形を使って歯車の別れと出会いに順番に当たって揺れ動きます。01時間単位の計算のチップの後で、タイ格HOYAは2013年に全く自主的にする技術ch80時間単位の計算のチップ、すぐそれからの02時間単位の計算のチップを出します。

タイ格HOYAの01の自動時間単位の計算のチップのサイズが29.3ミリメートル、39の宝石軸受を使って、50時間しきりに28800回/時、動力を並べます。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ