RogerDubuisロジャーとヤマナシの相手の宇宙間の技巧

第3ページは両飛行陀はずみ車のRD01SQチップを搭載するを通じて(通って)“宇宙間”のテーマが現れに来て、RogerDubuisロジャーとヤマナシの相手の並外れている世界を探求します。

このが演繹する中で、星は1人の名人の案内に従って、からだに揺れて巧みで完璧なチップに転化して、まるで技術と設計したのが最高峰に達するのを象徴します。この1の名人は星をもう一つの俗世の銀河の中に持っ(連れ)て入って、この世界の感動させる美感と非凡で精密で正確な(2つの陀はずみ車の異なる速さの発生の平衡がとれている差速器システムできるのによる)に属するのを創造します。

映画が開始する時、1つの強く握った握りこぶしは新しい宇宙に5本の指を開いて、星を蒔きます。1つの楽な指すのが(勝手に時計に複雑な機能の楽な顔の素質を与えるにRogerDubuisロジャーとヤマナシ相手を意味する)を弾きに従って、宇宙の惑星は惑星の輪を離れました。またたく間に、落ち込む惑星の輪はすばやく飾るにRogerDubuisロジャーとヤマナシの相手のきらめく星をさせられる。

続いて出場したのは人差し指の巧みな公演です:2つのトーラスを見たところ気をつけないで並べて星の下に置いて、サイドオープンの両飛行する陀はずみ車のの身を寄せる所のスーパーコピー時計ためして、だから視覚の美感と技術性能の完璧な結合が成立して、それによってRogerDubuisロジャーとヤマナシの相手の代表性の作品を作ります。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ