伯爵は自身の得意な装飾の技術を超薄設計に溶け込

伯爵は自身の得意な装飾の技術を超薄設計に溶け込んで、1つには例えば超薄のチップを透かし彫り更にチップの垂直の空間に節約することができて、同時に直接チップのモジュールの精密な構造を透視しても腕時計のを高めて価値を観賞します。

全く功のエネルギー表面から超薄主義が現れる以外、伯爵の得意な装飾の技術もその超薄の技術の一大特に徴で、例えば透かし彫りの処理は超薄設計を結び付けて人にうっとりさせる複が技術の技法に相当して、つきあいの超薄は表してよくシンプルな設計路線を行って、特に基礎の2針、3針の機能はシンプルの顔立ちをつけて更にきわめて簡単な風格を極致に推し進めて、このような形態を設計して適切にその正装の表す位置付けに呼応しますが、しかしそれとも比較して言うと観賞性は少し薄弱で、そのため超薄設計の基礎の上でサイドオープンの技術を導入して、一方では少なくなった顔立ちの部品はまた腕時計の垂直の空間コストを節約することができて、一方の現れるチップも広い範囲でのサイドオープンがすっかり理解する感、立体感が現れるため、機械を心から愛するについて本質のつける者を表して言って、サイドオープンの技術のが加入するのは絶対に外の一種の超過の視覚が享受するので、伯爵の超薄は空リストを彫刻して全体の平衡についてもたいへん重視します――できない極端で透かし彫りの影響のチップの構造は安定性を運営して、同じく保守的なようなことはなく視線のロレックスコピー時計に命を捧げて感を貫くまで(に)、1展のブランドの緻密な設計の考えはおよび所定の位置につく技術の水の淮を実行します。

近年伯爵の超薄のサイドオープンの腕時計はまたある程度突破して、ブランドが手首で殻を説明してダイヤモンドを行って象眼するようなだけではなくて、甚だしきに至ってはチップの橋板の表面にあってそこでもラインストーン、超薄の技術の美学が1部の華麗な高貴らしさにまた多くなることができます。1957年今なおのから、伯爵は超薄の表す研究開発の範囲に対してますます広範にしかも深く入り込んで、功のエネルギー表面から簡単にのからもっと向かう複の混成まで(に)、また造型設計が融合して技術を飾った後にまで(に)現れて更に人の心を引かれる視覚の魅力を引いて、超薄について人々表す既定の印象を突破して、彷彿は永遠に絶えず超薄の領域ので中で変わって進化する極限がありません。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ