技術が独自の境地に至っています 小さくエナメルを描きます

小さくエナメルを描くのが西方のエナメルの技術の代表で、その技術は胎の胚上で先に一層の透明ではないエナメルの釉を燃やして下層を行うので、しかる後また絵を画いて、かまどに入ってベーキングなります。彩色上絵師は特製の針のペンを使って、高い顕微鏡が大きくするのを協力するにして、いくつ(か)の週何ヶ月に綿密に絵を画いた後に甚だしきに至ってはを経験して、また高温であぶり焼いて、色に絶えず強めさせて、至ってまばゆい彩りを出します。上薬ごとに暑気にあたった後に色が変化して尽きなくて同じことができるため、よく多重が色を塗って多重によく合ってようやく完成のことができるのをベーキングであることが必要です。1817年に、ブレゲはオーストリア斯曼帝国の注文して作らせる1モデルのエナメルのために(通し番号Noを表.2952)、このような技術を採用したのが、外側で殻の中央の彩色上絵は静物はフラワーガラ、周囲が彫刻を採用した内に精密なワシの透明なエナメルの技術、外側のコースを埋めてと箔をはめ込むエナメルの技術、を採用したのを表す1モデルのとてもめったにない多重の技術ブレゲのエナメルが表すのです。

ブレゲのすばらしいシリーズ Classique9078(すべてなんじのバラの腕時計を競う)

超縮小化の彩色上絵のエナメルの顔立ちの腕時計Classique9078ベルサイユのバラの腕時計は1783年のElisabeth Louise Vigée-Le Brunの描いた《メアリー・アントワネットとバラ》の肖像画を霊感にするので、原画が行うのはメアリー王妃がバラの全身肖像を手に持つので、ベルサイユのバラの腕時計はただバラを手に持つ部分だけを選び取って、エナメルを結び付けて小さくて技術を描いて点と法のきめ細かい技術をなぞって、IWCコピー時計の文字盤の上で絵画を再現するのが入念で、じっくりと味わいに値します。この時計は黒色のエナメルで基礎を作って、原状に復して古典の油絵の時代の濃い色の背景、季節の難度のわりに高い黒いエナメルの製作と輝点になって、下から上へゆっくりと昇るハマナシと玉の手は最も小さくエナメル師のを描いてあったのを試すので、特にあの玉の手は原画に頼って複製するだけではなくて、更に皇后の美しいのを手の形で現れて、真実だとで間をでっち上げてエナメルの芸術の対米の解釈を満たしました。

ブレゲのすばらしいシリーズ Classique9078(手の影の羊)

同様に小さくエナメルの技巧の加法点を描いて法のClassique9078のすばらしいシリーズの生まれ年の腕時計を描きを結び付けます。このシリーズの腕時計を作って、エナメル師は深い絵画の基礎的な技能を備えなければならなくて、かつ上薬の粉末冶金の後の色を熟知して、色ごとにおよび異なる温度に変化するどんながあります。特別な針のペンで図案を描き出して、エナメルの顔料ごとに必要で温度をベーキングだのがそれぞれ異なっていて、だから、上で異なる粉末冶金の回数異なる色に分けます。一回の粉末冶金が完成した後に、盤面に対して磨き上げなければならなくて、しかる後またそしてまた通って磨き上げるのに絵を画きを行います。このように繁雑で、経験と鍛練がようやく中国の山水画の境地のエナメルを出して表すことができます。“絶えず時計の機械の構造の境に広く開拓して、同時に有限な機械的な構造の内で無限な美感を作る、すべての1枚のブレゲ時計算して完璧な高級の芸術品になる”、これブレゲずっと堅持する元のとおりな発展望む景、意味する先端だ表を作成する、更に担う伝承する歴史の文化の崇高な使命。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ