ジャガー・ルクルトと映画の世界

ジャガー・ルクルトと世界のそれぞれ大きくて有名な映画祭のは協力でベネチア国際映画祭のに始ってと手を携えるのを密接にします。映画業界の人の天才的なアイデアに向って敬意を表して、ジャガー・ルクルトは“ジャガー・ルクルトの監督の栄誉賞”(Glory to the Filmmaker Award)を創立して、あれらの“現代の映画の発展のために際立っている貢献をしたことがある”の映画業界の人を顕彰します。この大賞の映画業界の人を光栄にも獲得して北野と武(TakeshiKitano)(2007年)を含んのでことがある、阿のバース・基の亜ロス塔の米(Abbas Kiarostami)(2008年)、阿涅斯・Valが(Agnès Varda)(2008年)に達する、西爾維斯特・スタローン(Sylvester Stallone)(2009年)、マンの尼・ターナーと姆(Mani Ratnam)(2010年)を引き延ばす、アル・パチーノ(AlPacino)(2011年)、斯パーク・李(Spike Lee)(2012年)と首位は特別の光栄のイタリアの映画業界の人の埃托雷・斯とCora(Ettore Scola)(2013)にこれを得ます。

2011年から、ジャガー・ルクルトは連続6年を上海の国際映画祭の政府のパートナーになります。ジャガー・ルクルトは毎年でも盛大な晩餐会と公益を催してオークションして、中国の映画のために多い部の中国のすばらしい映画との修復を作って良いモデルを工夫し集めて、中国の悠久の映画の文化の伝統を救うために一個人の力に貢献して、これも国内の初めての企業の参与した映画が修復作業をコピーするです。今までのところ、ジャガー・ルクルトはすでに《1大きな川春水が東へ流れる》(上から下まで2部)、《8千里の道の雲和の月》、《十字路》、《カラスとスズメ》、《麗人民銀行》、《市街の華やかな夜景》、《私のこの生涯》と《舞台の姉妹》を含める9部のすばらしい中国の映画を修復したのを出資し援助しました。そして2015年に呉の宇森監督のクラシックの名作の「男たちの挽歌」を修復するのを決定して、社会の各界の古い映画の修復工事に対するもっと大きい関心を誘発するのに期待します。

2014年、ジャガー・ルクルトは初めて6月11日~19日の期間催す第20期のロサンゼルスの映画祭を賛助して、そして、6月14日に催したの“女性の指導者:女性監督はと人を創作して顕彰して会”(WomenwhoCall the Shots: A Celebration of Women Directors and Showrunners)イベントの上で“ジャガー・ルクルトの監督の栄誉賞”(Glory to the filmmaker Award)を公布して、あれらが映画の発展とハリウッドの切符売り場に対して重大な影響が生じる傑出している女性監督と人を創作するのを称賛するのを目指します。今年、プロデューサーの麗莎・査羅が科挙の試験に合格して(Lisa Cholodenko)が2014ロサンゼルスの映画祭のを担当して監督を特約して、そして首席の“ジャガー・ルクルトの監督の栄誉賞”を光栄にも獲得して、この賞はそれによって顕彰して現代の映画に革新する傑出している人材を持ってきます。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ