ジャークの独ルーマニアの人を魅惑する時間の鳥

あるいは小鳥が言いふらして、あるいは婉曲ななく言葉は鳴きます音

1度の旅行、目的地を気にかける必要はなくて、手首の間で人を魅惑する景色を気にかけておよび景色の気持ちを見るのでさえすれ(あれ)ば。ジャークの独ルーマニアの人を魅惑する時間の鳥、表面は飾って伝統の切り紙細工技術から霊感をくみ取って、そして巧みで完璧な彫刻工芸を結び付けてと小さく技術を描いて、精致な真珠の雌の貝で扮して、ジャークの独ルーマニアの伝統のスイス田園の景色の図案が現れて、手製で色彩の真珠の雌の貝の時計の文字盤の底面に彫刻して行って全部きんでている技術の精密なワシから細いがのの磨いてなって、景色は感心する豊富な細部の製造してなる手首の間で十分に人を深くその中に浸らせます。

同時に、ポインターの回転は小鳥の浅いのを伴っていて低いをの吟じて歌って、まろやかで潤いがある時計の文字盤の上でスズメの鳥が残したいと思って飛ぶようで、これはもしかするとジャークの独ルーマニアのブルガリコピー時計の芸術所が私達の極致にあげて享受することができるのです。人を魅惑する時間の鳥の中で2つの異なるスイスの特許の構造を搭載して、3つの小型のサファイアの水晶は管理して、スズメの鳥の鳴く音は空気の圧縮を通じて(通って)振動が発生するのではありません。1つ目の水晶はポンプが空気を吸い込みを管理して、の貯蔵を2つ目の水晶が管理する中で、それからまた空気を3つ目の水晶が管理するのに進めて、空気の体積とピストン運動スピードによってで、メロディーを調節します。あるいは小鳥が言いふらして、あるいは婉曲ななく言葉は鳴いて音旅行中の中でいっしょに互いに従います。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ