1960sロンジンの時間単位の計算は表を積み重ねますRef.7412

ロンジンは時間単位の計算が表す先駆者のブランドの中の一つを積み重ねるので、前世紀、世紀の初めから60年代まで、ロンジンの黄金の時期に。この時期のロンジン名芯名が表すのが無数です。ロンジンは懐中時計の時代で一連の時間単位の計算のチップで世に名を知られて、腕時計に着いた時期、ロンジンの最も有名な三大時間単位の計算の芯が13.33Z(1913年)だ、13ZN(1936年)、30CH(1947年)。その中の13.33のZは単にボタン、ロンジンの第1モデルの時間単位の計算の腕時計です;13ZNは2のボタンで、腕時計の史の上で第1モデルが飛んで時間単位の計算に帰るです;30CHは13ZNの進化(あるいは簡略化を言う)とのために取って代わって、同様に飛びがあって機能に帰って、技術はもっと熟していて、ロンジン今までのところ最後に1モデルの自分で作る時間単位の計算のチップです。

この1960sロンジンの時間単位の計算は表Ref.を積み重ねます 7412腕時計の内部の搭載したのは30CHチップで、腕時計は同様に密な底設計を採用します。以前辺鄙ではなくてはっきりしている機械が表すのが自分のチップに対して情報がないのだと言う友達があって、実は以前その機械が表していてまだ流れる水化の年代がなくて、密な底のよくある状態、このように更に腕時計の内部を保護することができるためです。このRef.を持ちます 7412、私達はたぶんステンレス製からこれが1枚が実用的なのを主な腕時計にするのを見抜き、丈夫で丈夫なのもそれの求めた一部分であるべきです。

このRef. 7412は私にロンジンの2015年のバーゼル国際時計展の中で出す1モデルの脈拍の時間単位の計算が時計を積み重ねると思い付かせて、すべて赤色と青いのを採用して、しかし言いを比較して、この腕時計の盛り上がる表す鏡、狭い時計の殻、とてもまっすぐな表す耳、赤色のをさらに加えて距離測定をして閉じ込めて、青いのはスピードを測って閉じ込めて、その上更に美しく機能は更に豊富なだけではありません。アクセサリーを掛けるのは思わず私にいつロンジンが表してもう1度少し刻むことができるのを期待させるの太陽の紋様の銀色の盤面があります。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ