時間の等式の革新が精妙です

人類にとって、海洋と人類は生活して密接な関係にあって、しっかり繋がります。海洋は雲と雨の故郷、生命の揺りかご、資源の宝庫です。16世紀初め、マゼランが船団が勇敢に人類の初めての環球の航行を完成したのを率いた後にから、人類は海洋の探求する足どりに対して一度も停止してません。行為の“近代的な表を作成する父”のブレゲはブランドの創立の2個半世紀間から同様に航海する時間単位の計算の領域は全力を尽くしていて、“皇室海軍の表を作成する師”の称号のこの特別の光栄便これより分かるのはその航海の史の上でしたことがあった傑出している貢献を得のでことがあります。2017年、ブレゲが何もの精致で並み外れている時を携えて計算する新作がきらめいてバーゼル国際時計の真珠や宝石展に見得を切て、みんなを勝ち取って注目します。今回の新しく出したブレゲ(Breguet)の航海のシリーズMarine Équation Marchante 5887は卓の複雑な機能の腕時計を超えてこのシリーズのためにまた山頂の峰のを増やして行って、このモデルが多くの項目の繁雑な機能計算する作品に集まるのは全身の時にブレゲの航海のシリーズが進んで新しい時代に入りを示します!

ブランドの創立者のを引き延ばしますおじさんはめったにない–ルイ・ブレゲ(A.-L. Breguet)先生は彼の一生の非凡な才知をすべて時間に度量の事業に傾けます。彼は比類がない熱意がこもって多い革命的性質の初めての試みの名声が知れ渡る宇の内で頼って、名誉を得るのが無数で、ファンは更に数えきれないで、欧洲史上でだけあって、フランスの国王のルイの18は彼の有名なファンだのでことがあります。1814年、ルイの18がパリでブレゲを任命するのはフランスの経度委員会の成員です。経度委員会はフランスの国民の同業組合から1795年に設立して、地理(学)、航海と測地学(研究と測量の地球の物理の形態の学科)などの領域の応用で天文学の各分枝の学科の発展を推進するのに及び力を尽くして、主要な職責は毎年日の文星暦を出版して専門の参考を表してなど本を使いを含みます。経度の委員の約20人の成員評判を構成するのが全て顕著で、幾何学者、天文学者、航海家がと業界の巨頭に関連しているのを含みます。ブレゲは時計として界のその名に恥じない権威を学んでと唯一代表して、委員会の中で重要な1席のの人を占有しても名実ともに備わります。

1815年10月27日、ブレゲの大家はまた特別の光栄を得て、ルイの18はブレゲに“フランス皇室の海軍御用精密時計メーカー”の政府の称号を授与するのリシャールミルスーパーコピーをさせるのを公布します。航海する精密な時間単位の計算はきわめて詳しくて深い専門の科学の知識に関連して、そのため、この称号は表を作成する師所の勝ち取ることができる最高な特別の光栄と言えて、同時に国家の責任を担いを意味します。その時、航海する時間単位の計算装置が艦隊に対して極めて重要で、使えて艦船を推計するに海上の位置にあって、国家で戦争を防いでと指揮するのをつけて全局面を左右する効果があります。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ