漢のミルトン、アメリカンの風格とスイスの技術の完璧な結合

世界で最大の腕時計の生産会社は販売代理店SwatchグループCEONickHayekと近いうちに表して、2012年グループのハイエンドの腕時計は中国の販売で緩めて、重点は中級品の市場に転向するでしょう。“緩める”の2字は多くの腕時計の店主にとって、すべて話題にしたくないようで、動作が少し1遅いをの心配して、せっかちな中国の取引先に忘れるのがたいへんきれいになられます。実は“緩める”代表の“おろさない”、緊張しなくて、でもただ忙しい中に少しひと休みします。

毎年のバーゼル、世界各地に飛んで来ることができる腕時計の編集は記者達と迅速に掛り位置のに入って、自然と駅の掲げるとても大きい漢のミルトンの飛行機しかありません。漢のミルトンの腕時計の1892作柄は米国に立って、絶えず改善するスイスの技術の完璧な結合と自由であふれ出ている米国の精神です。航空の腕時計の領域の振る舞いが優れる以外にを除いて、ハリウッドとのは何度も協力して、更に漢のミルトンを最も富む米国の風格のブランドの中の一つにならせます。

近年、中国市場の足どりに進出するのに従って、ブランドも中国映画界に足を踏み入れるのを始めます。去年上映した《私が女の心を知っている》、劉徳華の映画の中でつける航空のヘリコプターのシリーズは多くの映画ファンと“漢の時計の”ファンの好感を勝ち取ります。前区時間公開上映する《百分の男に嫁ぐ》、鄭中基は勲爵位の大家のシリーズと共に私達に何が“百分”を行うと言いを釈明しました。一族のクラシックとしてモデルを表して、勲爵位の大家は簡潔で地味な外形を持っていて、丈夫で上品だで世に名を知られて、ブランドの自主的に研究開発するH21チップを搭載して、内からすばらしくて、穏健な風格を漏らしています。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ