GARMINは良く明日TianMaoの活力の大隊を共同して、新型GarminMoveシリーズの知能腕時計を携えて北京に見得を切ます

2019年10月15日、GARMINは良く明日TianMaoの活力の大隊を共同して、北京虞社で新型の発表会を催します。今回の発表会の上で、GARMINはディズニーとFenix6、協力するLegacyシリーズの知能腕時計を発表しましたVenu、GarminMoveおよび。良いミュンシェはTianMaoの活力の大隊のメディアの効果を発揮するのを眺めて、いっしょに健康で、流行する生活の理念を提唱して、共に製造して若い人の需要の製品に合います。

発表会は開始して、Garmin良い明るい中国区の先輩のマーケティングの総監督の周子尭(JeffreyChou)の先生は舞台に上がって、GARMINブランドに対して簡単な紹介を行いました。Garminは良く明日1989年に創立して、長い間GPS製品の設計と研究開発に力を尽くして、製品ラインは航空、航海、屋外、車を覆って、スポーツの五大領域を載せます;運動していてしかし服装設備の領域、Garminはずっと専門で有名です。Garmin所属の知能腕時計のシリーズ、日常のスポーツの監視測定する需要を満足させることができるだけではなくて、その上設計するのが簡潔に流行して、製品は絶えず古きを退けて新しきを出して、多いスポーツ愛好者群体の中で尊重を受けます。

あとで、GARMIN良い明るい中国区の製品の総監督の黄色の帯ひもの飾りにする玉、GARMIN良くて明るくて先輩の製品の総監督とAngeloBrisimitzakis、相前後して今回のために会所の出す3モデルの製品を発表して紹介して解読するのを行いました。

Fenix6シリーズ:新世代Fenix6シリーズの知能腕時計、初めて太陽エネルギーの充電する機能を取り入れて、全く新しいパワーマネジメントがあって、パネライコピー腕時計の更に長い航続能力にあげて、最も長く中断しないで90日を使うことができます。同時に、Fenix6シリーズは外観の方面で全く新しい突破もあって、もっと大きいサイズのディスプレイスクリーン設計、Fenix5Xシリーズに比べて面積36%のを増加して、腕時計のために更にずば抜けている性能を加えて表現します。

Venuシリーズ:Venuはvivoactiveシリーズを基礎にするので、アップグレードする全く新しい知能腕時計を行って、Garmin所属の第一モデルの採用AMOLEDついたての腕時計で、もっときめ細かいカラフルの表示する効果を持ってきます。かつ、Venuは初めてスクリーンのアニメーションを取り入れて機能を指導して、ユーザーは課程がありを腕時計の中に導入することができて、腕時計のスクリーンの上でアニメーションデモすることを観覧して、運動する愛好者のために更に専門の正確なスポーツを持ってきて指導します。

GarminMoveシリーズ:GarminMoveシリーズが軽くて贅沢な版GarminMoveLuxeがある、流行版GarminMoveStyle、スポーツ版GarminMove3/3S3のバージョン、品質、機能、交互にの方面にすべて重大な革新があります。今回の発表会の上で、Angelo先生は私達のために重点的にGarminMoveポインター式の知能腕時計を紹介しました。
GarminMoveの時計の文字盤は実体のポインター+を採用して式AMOLEDタッチパネルの設計に隠れて、軽く触れてすぐスクリーンを明るくつけるのでさえすれ(あれ)ばことができます。運動する時、時計の針と分針は変身して量るになってポインターを表して、時計の文字盤の動態と交互に現在のスポーツの状態を指示します。GarminMoveシリーズは伝統の腕時計の昔を懐かしむ哲学と全く新しい現代化の設計を結び付けて、“唯一2あると”の都市の平衡がとれている美学を製造しだして、ユーザーのスポーツの潮流に対する追求を満足させます。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ