宇の大きな船のクラシックの融合のシリーズのOrinのこの基の腕時計

実はちょうどイベントの会場に入って、第1は私のこの宇の大きな船のクラシックの融合のシリーズのOrinのこの基の腕時計です。まずそれの40ミリメートルの直径はそろう大きいサイズの宇の大きな船の中できわめて“きゃしゃで愛くるしい”に見えて、その次にもちろんそれのきらめいたダイヤモンドの類の光沢です。リチャード・Orinのこの基はそれのクラシックの彫塑の作品の中で運用したへり、面取りおよびを面積要素に刻んで同様に宇の大きな船の腕時計の上で運用して、特に新作の腕時計の時計の文字盤設計の中は精巧で美しい鏡映面の効果を作りだします。双方の協力するシンボル的な12辺の形によく合って小屋とヒシの実の明らかな表す殻を表して、すぐダイヤモンドの飾りがないの、腕時計は同様にまばゆい輝きを配りだします。当然で、ラインストーンのデザインは更にまばゆいです。個人はサイズを表すべきで40ミリメートルあるがと感じて、しかし全体の風格は更にレディースに適合して、その上私に相手の霜の金の腕時計が好きだまで(に)連想させます。宇の大きな船のクラシックの融合のシリーズのOrinのこの基の腕時計は共に6モデル、2モデルチタンの金あるいは王金の2種類の材質、その中の4モデルのラインストーン、ラインストーンでないがあります。その中はラインストーンのデザインは制限しないで発売して、チタンの金のモデルは200制限して、王金のモデルは100制限します。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ