瑞宝の芸術の旅――北京駅

スイス独立制表ブランドCHRONOSWISS瑞宝は今まで巧みで完璧な手作業と古い技術で大きくなって、同時に多い芸術家の協力のモデルに解け合って、技術の芸術と時間の芸術の完璧な結合、瑞宝の魅力があったので、友達に迷って瑞宝の重要な原因が好きなことを表すのもです。

CHRONOSWISS瑞宝の芸術の旅のイベントが北京、上海などに来て地が現地の時計と友達会いに迷うでしょう。北京駅はイベントの第一駅として場所をあって最も芸術感の怡亨ホテルを備えるのに選んで、スイスの風情の現場を満たして今回のイベントのために濃厚な芸術の息を加えて、CHRONOSWISS瑞宝グループCEOOliver先生も現場にご光臨して、招かれとイベントの表しに参加して友達とメディアの友達に迷って瑞宝の表す非常に優れている技術と芸術の精髄を分かち合います。

今回のイベント、瑞宝也は中国の芸術家のシリーズなどを持ってきてRegulatorClassic、ArtistRegulator JumpingHour、代表性の時計のモデルを高く備えて、1度の芸術の貴重な品の博覧のようです、多い出席する賓客に足を止めて観賞するように引きつけます。

瑞宝が芸術の追求について体現していて表を作成する技術の細部ごとにを磨き上げているのを表すのが至上で、腕時計ごとにすべて例えば芸術品の類は繰り返しよく考慮して、彫刻、厳格な中に漏らすの時間の尊重、とについて芸術の傑作の完璧な追求に対して。今回のイベント、瑞宝の芸術の米を中国の北京にも連れて(持って)きて、きわめて強い感化させる能力で場で賓客のが喝采を賞賛するのをと得ました。

Oliver先生が談話中でまさに表すようです:1枚の時計モデルは段階を製造していてすべてすでに創造性の独特な米を満たしを与えられて、3針の一筋の設計がやはり(それとも)軽くてエナメルの技術、を描くのがすべて芸術と全面的に理解する完璧な体現を表すのモデルだであろうと。未来瑞宝は依然として極致を求めて、全世界のもっと多い友達に瑞宝が生活様式の中で非常に優れている芸術のシンボルになりを体得させます。

Chronoswiss瑞宝は表して、1983年にドイツの表を作成する大家Gerd-Rüdiger Langからミュンヘンで創立します。世界の時計業界のハイエンドのブランドの優秀な新人として、瑞宝は互換があるスイスの精密な伝統の表を作成する技術とドイツの厳格な民族精神を表して、独特にずっと人の設計の細部に恐れをなしをよくにして人を表して自慢げに話しました:有名な3針の一筋の設計、気風がある純粋な銀の大きい顔立ちを独特なものとして持つ、たいへんきれいで入念な貨幣の紋様が小屋、看板のタマネギの形を表して冠を表す、すばらしい片手の時間単位の計算機能など。

Chronoswiss瑞宝は表してずっと尽きることがないアイデアを発揮して、非凡で巧みで完璧な伝統の技術で、一人一人の腕時計の愛好者と収集家のブランド時計コピーために綿密にただ1つの腕時計を製造します。1枚の瑞宝は表してすべてブランドの精密な機械と美学に対する熱烈な追求を体現して、機能が印象と感想上でとすべてあらん限りの力を尽くすのにも関わらずのが完璧で、恒久で衰えないで、時間ように取って代わるべきものがありません。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ