エルメスの上海国際金融センター専売店が光り輝いていて新しく開幕します

2018年12月13日、上海陸家嘴金融センターのエルメス専売店で位置して、煥新拓店を迎えた後が盛大で開幕します。初めて開幕して2010年のエルメスので上で海に囲まれた国の金の中心専売店の今回が再び設置して新しく開けて、このフランスの手工芸のブランドの上海で発展した新しいページを開いて、同時にブランドの中国市場に対する期待と自信を積載しています。

エルメスの上で海に囲まれた国の金の中心専売店は人の流れの密集しているにぎやかな地帯に位置して、拡張の後の新店は持って2層共に568㎡上り下りします。商店の内部設計とマーケットの独特ないくらは巧みな呼応を作ります。特殊な彫刻の壁のガラスの透明度を通るのは外まるきり違っていて一様でなくて、

店の内で飾り付けて見えつ隠れつすることをさせて、詩情の米が現れて、客が店に入ってエルメスの精選する創意のを探ってと行いを静かに待ちます。

店の内に歩み入って、1925年から便エルメスの独占で設計するギリシア式のガラス球のルーム・ランプの柔らかい光が流れ落ちるためにの下で、ブランド建てるのを

歴史の精髄は弁舌さわやかに語ります。波起伏する“うろこ”の壁面だけで引き立っておりて、流行の真珠や宝石は精致な腕時計と商店の中央の地区で照り映えます

趣味になって、片側のすばらしいスカーフはブランドの精巧な技術を明らかに示します。新店右側、感動させるストーリのアロマの世界を積載していて人を魅惑して開放して、客を導いていて前へゆっくり行って、また革製品と騎馬用具の空間を一望に収めます。女性の世界と男性の世界は分けて商店の左側を並べます。1階の秘密式の階段に位置するに沿って階段を1段1段上がって、VIP地区はあたたかい色調と材質を客にして1つの心地良い暖かさのプライバシーショッピングすること空間を作り上げました。

商店の一層の採用のオープン型の空間設計、異なる材質の地面の仕切りの屏風との異なる地区ではっきりしてい仕切って、同時に両方に配慮を加えました

各自の空間のプライバシーは思います。商店2層もおなじな独立プライバシーの空間の効果に続きました。

上海は長江の河口に位置して、中国東部の最も重要な都市の中の一つです。国際経済、金融、水上運輸と優秀な革新の科学技術などは全てこのブレゲスーパーコピーでとけ合ってぶつかります。入って上海に駐在するから、エルメスはこの都市の発展の変遷を目撃証言して、続々とこの東方の土地もです

絶えず法式の優雅な独特な魅力を注ぎ込みました。今回の面目を一新したエルメスの上海国際金融センター専売店は更に広々としているショッピング環境ともっと整っている上質なサービスでを、客のために浸る式の消費を持ってきて体験して、ブランドの価値が厚い積と勃発したのを明らかに示します

創造力。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ