オメガはアイスホッケーの試合の中の時限装置を展示します

ジャンププロジェクトの中で、オメガの取り入れる時限装置は試合のデータ情報をリアルタイムで場の内での得点を記録する板の上でまで(に)発送することができて、そしてテレビのスクリーン上で現れるのを中継します。今期の冬季オリンピックの上で、オメガは皆のスポーツ選手のスキー板の上でオメガが競争路設置のアンテナに沿ってと動作のブランド時計コピーセンサー、感応を配備しましたそして。

動作のセンサーはリアルタイムでデータ情報を記録して転送することができて、アプローチスピード、踏み切りスピード、選手達の行方の20米の時の空中スピード着陸するスピードを含みますおよび。それ以外に、この設備も選手達のを記録して技巧にジャンプすることができて、甚だしきに至っては選手達スキー板の異なる角度を測量することができます。

1936年に初めて冬季オリンピック正式時間単位の計算を担当してから、オメガはその精密で必ず信頼できる時間単位の計算に頼って極めて重要な一環を表現して冬季オリンピックの上でになります。今のところ、オメガは絶えず革新する時間単位の計算技術を通じて(通って)スポーツ選手の試合の中のそれぞれのすばらしい瞬間を下へ記録します。

テレビ前やはり(それとも)現場の観試合にいる観衆に乗りにとってにも関わらず、オメガの2018が盛んな冬季オリンピックと引き分けする上に運用する先進時間単位の計算技術はすべて値打ちがあり関心を持ちます。精密で正確な時間単位の計算は1期のオリンピックのみごとに催すことができる肝心な原因で、オメガもできすべての夢の実現を目撃証言するために誇りをますます感じます。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ