ロンジンの作る第5000万匹は表します

約200歳のロンジン、つい最近その第5000万匹を迎えていて表して、このただ1つの作品は1枚のバラの金の殻を表すロンジン名の職人のカレンダーの腕時計で、殻を表す通し番号は“50000000”で、透明な時計は「50Million」とブランドのの「ハング・グライダーの砂が抜かす」を印刷してあって表しを背負います。直径の40ミリメートルを表すべきで、最新のL897を搭載して自動的に64時間鎖のチップ、動力の備蓄物に行きます。銀白色の丸くない真珠は紋様の時計の文字盤を彫刻して柳葉の形の藍鋼のポインターによく合って、最もシンボル的なロンジンを備えて設計を表すのです。歴史の一里塚式の作品を目撃証言するとして、それはを永遠にLongines本部の博物館の中で収集します。1830年代の草創期今までから、Longinesの1枚の腕時計は皆独特なシリアルナンバーを持ちます。初期の手書きから冊を記録して、1970年代の超縮小化のフィルムまで(に)記録して、また今Longines電子の書類の倉庫(LEA)まで(に)、この5000万の腕時計の書類の資料は皆適切に保存します。このコピー時計ようにだけではない、ロンジンは毎年約140万匹の腕時計を生産して、その中の大多数は機械が表すので、売上げは15億スイスフランを上回ります。ロンジンを除いて、その他が6つのスイスの腕時計のブランドだけあって年売上げが10億スイスフラン超えて、それぞれロレックス、オメガ、カルティエ、パテック・フィリップ、ティソがと相手が好きなのです。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ