万国のポルトガルのシリーズの“逸品のミラノ”の両は針の時間単位の計算の限定版の腕時計を追います

ポルトガルのシリーズの“逸品のミラノ”の両は針の時間単位の計算の限定版の腕時計(型番:IW371215)を追って小道の41ミリメートルを表して、バラの金から製造してなって、金属光沢のダークブルーの時計の文字盤によく合って、持って重なり合います平衡がとれている配置。鮮明な万国の風格があって、優雅で真に迫って、地味で派手です。12時に位置は30分の時間単位の計算皿で、6時に小さい秒の皿のため、中央の地区に位置する目盛りは速度計機能で、ロレックスコピー時計の文字盤へりの上の目盛りに位置して距離計です。残りの部分は依然として普通なポルトガルのシリーズとと同じに、たとえば葉の形のポインターと数字の時に表示します。バラの金が表して背負うこの制限する作品だけあるトーテムを見ることができました――「Biscione」竜の第一青の蛇、これは15世紀にビスコンティ(Visconti)の一族がミラノ公国の時使うしるしを統治したのです。100制限して、しかもイタリアのミラノ城専売店にただ、に価格の21500ユーロを売るだけがいます。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ