ブルガリBVL388は1枚が人の驚く超薄に単に押しボタンの時間単位の計算がチップを表しを積み重ねさせるのです

ブルガリBVL388は1枚が人の驚く超薄に単に押しボタンの時間単位の計算がチップを表しを積み重ねさせるのです。これらはすべてまだOctoFinissimoシリーズの超薄陀はずみ車の時間単位の計算が時計の最も私に驚喜させる場所を積み重ねるのではなくて、これは1枚実は難度のわりに高いのを作って単に押しボタン操作、レベルのカップリングのウブロコピーがチップを表しを積み重ねるので、注意深くおりるのを見て、2時の位置の押しボタン面の上に区をするのがあけてしかも手触りを操作するもっと良い特殊な刻み設計があります。それでは4時に位置は押しボタンもありませんか?これはなんと1つの切替がモデルが鎖に行ってと学校の時間のランクの操作の押しボタンを加減するのを表すので、こんなに薄いチップはそれでは多機能と〝芯の機械〞を下へ設けていて、これがまったく秘蔵の宝物がモデルを表すのだと感じませんか?

ブルガリOctoFinissimo透かし彫りの時間単位の計算陀はずみ車は自動的に鎖の腕時計に行って、位置を表してモデル2時に操作するためにスタート、停止、帰零の押しボタンを表しを積み重ねて、4時に位置はモデルが鎖に行ってと学校の時間のランクの操作の押しボタンを加減するのを表しを切り替えるです。

来るブルガリを用意するのがあって、OctoFinissimoシリーズが完全を発揮した方面の制作能力、更に腕時計設計の美学の新しい観点を創造しました。もしもやはり(それとも)〝ブルガリ〞この名前に対して型通りな印象を持っている人がいて、6回がブランドの記録する複雑な技術を更新して挑戦を通って、通って絶えず自分で設けるもとの技術の敷居を一回ごとに突破して、更にブランドの最も得意とするイタリアの傑出している設計の風格をおろしていないで、各方面のブルガリはどうしてまだ自分の実力を証明しなければなりませんか?

ブルガリOctoFinissimo透かし彫りの時間単位の計算陀はずみ車は自動的に鎖の腕時計に行って、チップの配置、技術から外形の全体の洗練されている姿まで(に)挑戦して、全部ひっくるめてすべて得難い現代の芸術の等級の腕時計です。

私はブルガリを最も愛して表を作成してと設計チームの:表を作成する技術の伝統の下で伝承するのを堅持して、自分の際立っている現代設計の才気を運用して、絶えず創造してそれでは主流がなくて、依然として技術、設計、風格、技術の満点の機械がモデルを表すのです。近道、を行かないのははでに立ち回って人気をとったのが切符を遊ぶのではなくて、ブルガリは6回のを通ってブランドの超薄のチップを製造して記録を創作して自分を証明しに来を更新して、同じく私に自分の公衆号の文章のフリーボードの字数を打ち破って記録を書かせて、甚だしきに至っては私はまだ書いていない多くの技術の細部がもあって、7千字は読んできて、あなた達すべてご苦労さまでした、でもこれもブルガリが表を作成するのがあなた達の考えたのそれだけのことだだけではないと説明しました。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ