腕時計の磁気を防ぐ規格は何ですか?

米国規格の中で、磁気を防ぐ性能基準は”余剰の効果”を使って表しに来たので、いわゆる余剰の効果が指すの測定するの前に腕時計の瞬時に日照時間の違いがと測定した後に腕時計の瞬時の日照時間の違いの差。磁気を防ぐ腕時計の標準は腕時計が偶然で4800A/mの磁場の中のため強さがある時、石英の時計の余剰の効果は1.5秒を上回らないで、機械的な男性は(チップの面積が314平方のミリメートルより大きい)余剰の効果を表して30秒を上回らないで、機械の女性は余剰の効果を表して45秒を上回らないで、このスーパーコピー時計ような時計は磁気を防ぐ腕時計と称することができます。

磁気を防いで万国、特にそのパイロットのシリーズを言わないわけにはいかないと言います。シャフハウゼンIWC万国。前世紀の30年代に、パイロットのつけた時計算するのが要する便利で、更に重要なのは強磁場の環境に適応するので、この時の万国のパイロットのシリーズはすべてよくこの点をやり遂げました。もしパイロットは針の時間単位の計算の“小さい王子”の特別な版の腕時計IW371807を追う、万国のパイロットの腕時計の軟鉄の内コクの提供したのが強大で磁気を防いで保護があります。

その後紹介するの怒るまた怒ることはできないロレックスです。まず名声がある“緑のガラス”です。この腕時計は設計上ですこぶる各位の時計の謎に歓迎するだけではなくて、磁気を防ぐ機能の上でとてもすばらしいです。Milgauss(電気針をよける)は1956年に誕生して、科学界だけのために研究して作って、1、000のガウスの磁気量の密度に達するのに抵抗することができます。ヨーロッパ粒子物理研究センター(CERN)の厳格なテストを経て、腕時計が完璧なのを備えて磁気機能を抵抗するを実証します。今日MilgaussはParachrom(青のニオビウム)の空中に垂れる糸を配備して、更に効果的にチップに対して磁力もたらす影響に抵抗して、それによって腕時計の信頼度を強化します。

ずっと人々とロレックスに比較するオメガを行われてずっと磁気を防ぐ腕時計の研究に力を尽くして、そしてちょうどよい時期に2014年のバーゼルの時計展の中でセイウチの300腕時計を出したのを出して、その中、リストのモデルを結んでSi14ケイ素の材質を採用するべきで、磁気を防いで15000ガウスを超えます。今、“万磁気の王”のに対抗することができるのはX教授ではなくて、“磁気を防ぐ王”の磁気を防ぐ腕時計になるのです。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ