日本の腕時計の“3人の巨頭”

日本の表を作成する業は推進する歴史のがあって、また(まだ)政府の支持があって、これが第二次世界戦争の敗戦国の日本を経験したについてすこしのは非常に必要で、人がまだ企業なのにも関わらず、すべて1つの強大な後ろ盾が必要です。1947年、日本の時計は力を合わせて創立して、日本の生産する時計は世界に販売するのを始めます。2年目、日本経済安定委員会は1つの表を作成する業を盛り返す5年計画を制定しました。日本の時計の制造業は3年の機械的なオートメーション化を通じて(通って)生産高を高めに来て、この5年計画はすぐ早めに完成しました。朝鮮の戦争に着いた前夜、日本の時計の生産高はすでに世界市場の需要量と相当しました。朝鮮の戦争とベトナム戦争は日本あの1時期の主要な時計出口国になって、これはかえって戦争中ひどい目にあい尽くした敗戦国の日本で譲るので、1回の戦争のうまみを味わって、回の戦争の財をも出しました。

時間の進めるのに従って、戦勝国がまだ敗戦国なのにも関わらず、戦争の影はすべてだんだん散っていきます。この時、人々は必要だの安定的で、幸せな生活と継続的な発展の経済です。そのため、20世紀の60年代の後期に、日本が始まって戦後経済のが急速に発展します。このような“東風”を借りていて、日本の表を作成する業もその春を迎えました。1969年、セイコーはクリスマスの時、世界で第1モデルのポインター式のクォーツ・ウォッチを出しました。

、はこのひとつの石英の腕時計が始まりだ、石英のチップの歴史から日本の表を作成する業の新しい1章は演奏しました!セイコーのから中村と恒の同じく指導する研究グループを捨てて水晶に対して調整を行って、その時のいくつか発明はそれからすべて業界の標準になっていて、石英のチップは時計の業界のために1度の革命を持ってきました。多分名声があるスイスの“表を作成する団”さえ思い付いていないで、彼らが引いて豪快な精密なのがまた精密な高価な手作業のチップができないと思って、安値の電子の石英のチップに負けます。恐らく当時、“スイスの団”はまだ日本のやつを相手にするのがありません。しかし、20世紀の80年代まで着いて、石英の時代ついに到来しました。この時に“スイスの団”はすでに慌てたのスーパーコピー時計を予想して、なぜかというと、誰も芸術のスイスの機械が派手なだけではないのを表してもうないをの称することができると思い付くことはでき(ありえ)なくて、また(まだ)日本の石英の時計の取り付けをしたの少しも反撃の力がないに、その時の状況でみんながでも感嘆したのを予想します:これは“何が鬼”です!!!

誰もひとつの石英のチップが表を作成する業にこのような“ハリケーン”を持ってくると思い付くことはでき(ありえ)ないのに関わらず、実は1959年に、セイコーが捨てて1つの“石英計画”を下準備するのを始めます――59A計画、石英の時計の研究に対して始まりました。1960年ちょうどあたって、国際オリンピック委員会は東京が1964年のオリンピックを催しを決定して、きわめて大志がある中村先生は1つの“大志”があって、それはつまりスイスの時計をオリンピックに追い払って、このような“気絶する語”はみごとに“スイスの団”がかすかにの心配と感じるのを譲ります。行為の“スイスの団”の1人の員のオメガ、ずっと国際オリンピック委員会の絶対的な依存を受けるので、ほとんど各類プロジェクトはすべてオメガにあるポインターの下で勝敗を決定するのです。人を驚くことができるののは、この期の東京のオリンピック、オリンピック委員会はなんと日本セイコーグループの申請に賛成して、聞くところによると通常の規範に反する精確度の豪華なセイコーがあってオリンピック委員会の官吏に深い印象を残したので、私がこの時のオメガの内心の一定を考えるのは崩壊したのです。
同様に1964年に、同様にセイコーの捨てるスイスボタン氏天文台の旅を始めた理想的な中村先生があるのです。しかし、今回の遠征して、144名まで着いたほかなくて、前何有名な都市はオメガのから獲得するので、オメガはまた晴れ晴れして意気が上がることができて、大きい仇は申し込まなければならなくて、これもスイスの表を作成する業に1服の鎮痛剤を食べさせました。しかし、彼らは忘れて、日本の表を作成する業が依然としてあるのが進歩的です。“日本のやつ”の人が注意するのはとても大きくて、表を作成する業に中村をしを代表する日本にして、苦痛の後にそれを思い出して、1967年に、日本は“侵入する”のジュネーブ天文台を始めて、位置しても第4位まで(に)踊り出ます;1970年、スイスの誇りに思う機械は表しても最後に打ち負かされます。

伝奇的な“バブル経済”に歩いたことがあって、20世紀の90年代まで着いて、いくつかが機械的に愛好者を表して伝統の表を作成する技術に復帰を呼びかけます。あなたは思って、日本の石英の腕時計は日は西山に迫っていますか?もちろんいいえ!日本は戦後にずっと精密な電子産業に発展するのに力を尽くして、いまどきになって、日本の電子産業は依然として世界で有名だです。各大日本の腕時計メーカー、高くて、精密で、鋭い精密な電子技術を腕時計の製造の中で運用します。各大メーカーは各技術を完璧に腕時計の中まで(に)溶け込みます。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ