1893シリーズのジョンの内で斯・徳爾施泰因は版の動力が腕時計を貯蓄するのを紀念します

もしどのシリーズは最も宇に時計を連ねるように代表したらことができて、私はたぶん1893シリーズにたくて、1893年はブランドの創立する時間で、そのため深い歴史の源を持っています。全体のシリーズの外観は歴史に続いてモデルの中で鮮明な特徴を表して、1893シリーズのジョンの内で斯・徳爾施泰因が版の動力が腕時計を貯蓄するのを紀念するのを例にして、高の質感の白色のエナメルの上塗りはまろやかで潤いがある造型の数字を付けてあって、藍鋼のポインターよく合う軌道式の目盛り、全体の風格はやさしくてきめ細かいです。その他に、この腕時計の動力の貯蔵は60時間まで達して、たとえ週末に時計をつけないとしてもその他にそれが鎖に行くに使わないで、実用性の角度から言ってとても良いです。

1モデルの月相の腕時計はその他に比較して言うと盤面は更に複雑で、月相は上方が宇が設置されていて時計の多くの骨董級の“複雑な機能を超える時計”の所のよくある月を連ねて行進して目盛りを指示するのを表示します。そしてこの特徴は今日に多くなく会って、“月の謎”にとって、絶対に1枚が逃す腕時計を許さないのです。

あなたは発見して、腕時計の機能がそれぞれ異なっていますが、しかし全体のシリーズは設計の少し共通がかなりあって、つまりドイツ式の表を作成したのコピー時計は純粋でシンプルです。近日、宇が時計このドイツのなんじの施坦を連ねてまた1モデルの1893シリーズのジョンを出した内に版の時間単位の計算が時計を積み重ねるのを紀念して、この時間単位の計算は時計がもう1度ブランドの誕生の際の1枚のとても複雑な時を刻んで計算を“Universal-Uhr”積み重ねて、腕時計の設計上で同様にドイツ式の風格のクラシックが伝承するのを現します。

時計の文字盤はシリーズの一貫している腕利きでシンプルな風格を受けてその通りにして、白い漆のエナメルの上塗りの時計の文字盤は藍鋼柳の葉針によく合って、さっぱりしていて上品なアラビア数字を組み合わせて、全部の塊の腕時計が見たところやさしくて質感があって、慣れた後にもとりわけ優雅です。

全体設計以外、独係の表を作成する風格はもっとまた(まだ)その他の細部で体現しています。例えばこの腕時計、外側のコースが扮して1分の目盛りを印刷して人に古い表を作成する伝統を連想させるの軌道式の目盛りと赤色があります。

盤面の配置は対称にまた調和がとれていて、中央は秒針、30分の時間単位の計算皿を止めてから12時間の時間単位の計算皿と短い期間を測量するに使えます。9時に位置は小さい秒針が設置されていて表示して、6時に位置はカレンダーのウィンドウズが設置されていて、腕時計最も下の一行の“Made in Germany”で印刷して、出身を代表して、更に自信を明らかに示しています。

直径が42ミリメートルのシルクに達して精密な鋼を磨き上げて売り払って殻を表す人に骨董の懐中時計の造型を思い出させて、両面はまぶしい上塗りのガラスを防いで鏡を表してつける者が更に優越している視覚を持ってきて読む時のために体験します。それは宇の時計を連ねる表を作成する哲学を受けてその通りにして、細部の技術が素晴らしいです。

表して黒色の小さい牛革の腕時計のバンドを採用するべきで、精密な鋼のチョウによく合って差し引いて、しっかり信頼できます。

Tags :

最近の投稿

アーカイブ